ギター弾き語り・女性アーティストの岡田淳の公式ブログ。
女性シンガーソングライター岡田淳のブログ -「淳のひとりごと」-


和歌山でワンマンライブ☆[ライブ]


東京でのワンマンライブから
約1ヶ月で和歌山でのワンマンライブ。
御坊市のボナペティヤナギヤにて。

おかげさまで
お店も満席になったので
幸せな空間でした。
ここのお店、可愛いし。

地元の新聞でも
何度もこの日のライブの事を
載せて頂いていたみたいです。
本当にありがたいです。

今回のライブは、
パーカッションのkazuppeさん。
音響の有川さん。と、その奥様。
にサポートしてもらいました。
沢山の練習の成果もあって
歌いやすかったし、
楽しかった。


1ステージ。

デザート
空と海溶け合う瞬間
ぶきようなワルツ
恋の唄
宵の月
朱色


2ステージ。

Bitter
未知数
リンゴノ実
アネモネ
くじらの水しぶき
人魚の泪
深い森

アンコール

眩しい人


私の曲は、ギターにカポタストをつける曲が多いので
チューニングする場所が多い。
チューニングしないと、
音程がズレて気持ち悪い音になるから。
チューニングなしでピッタリ合ってくれたらいいんやけど
そうもいかない。

今回、そのチューニングタイムの間。
kazuppeさんのアイデアによって
何ヶ所か解消されました。
kazuppeさんがパーカッションソロを考えてくれて。
みんながそちらを観ている間に、ささっと!
良いアイデアや!
これから使えますね。

MCも一緒に考えてくれたので
最後までスムーズにいけた。
納得のいくライブになったと思う。

今回も、音響を有川さんがしてくれたので
音に対する心配も本当に解消されました。
ライブに集中できるって嬉しい!

今回、写真を載せたかったんですけど
写真のデータをもらえなかったので
今回は文章だけ。

あっけど
田辺湾にくじらが迷い込んだ話を
MCで話したから
甥っ子から、写メが届きました。

<画像:kujira1.jpg>

この真ん中の物体。
田辺湾に迷い込んだくじらだそうです。
私も、生のくじら見たかったなぁ。

kazuppeさんは、
そのくじらを見に行って
水しぶきを浴びたみたい。

ってMCで話して、
ボケたりしたんやけど
kazuppeさんの声、
後ろの方は聴こえなかったみたいですね(笑)
一生懸命、考えたのにね。残念。。

今回色々と反省する事もあるけど
素敵な時間を味わせていただきました。
今回のために、来てくださったみなさま。
ありがとうございました。
次は、8月23日に、和歌山のイベントに出演します!
初めてのイベント、楽しみです。

後日談。
kazuppeさんに、
頑固おばちゃんになりそうと言われました(笑)

普段は、そんな事はないけどなぁ〜。
音楽に対しては、頑固とは少し違うと思うけど
ゆずれない部分がある事は否めない。

これからも、自分の音楽道、進んでいきます。

321/578

コメント(401)
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

★BBS★

★公式サイト★


岡田淳
初めて作詞作曲した『Bitter』を作ったことから、曲作りに目覚める。
そして、2003年9月よりJUNとして引けないギターを持ち出して弾き語りライブ活動開始。
自分の中から出た詞とメロディを歌うシンガーソングライター。


管理人:岡田淳


★パソコンでもみれます。★
URLをパソコンのメールに送信


★ランキングサイト★

ランキングサイトに参加しています。たくさん素晴らしいサイトがありますが、
頑張っています!応援してくれる人はクリックお願いします!


Powered by
MT4i 3.0.8